アメリカで創業「ティファニーブランド」

皆さんはオードリー・ヘップバーン主演の『ティファニーで朝食を』という映画をご覧になったことがあるかと思います。その映画で日本でもすっかり有名になったティファニー(英称:Tiffany & Co.)は、世界的に有名な宝飾品および銀製品のブランドです。

ティファニーの歴史をご存知でしょうか。ティファニーは今から約170年前の1837年9月18日にアメリカで創業しました。今日では、ロンドンやローマ、シドニー、東京等世界20カ国にそのブランドショップを持っています

ティファニーの歴史を知る

皆さんは日本にあるティファニーのショップに足を運んだことがあるでしょうか。日本では、特にクリスマスやホワイトデーの贈り物として、オープンハートのペンダントが人気があります。
皆さんの中でも、ティファニーと言えばこのオープンハートのペンダントを真っ先に想像する、と言う人が少なくないのではないでしょうか。ここではそんな日本でもすっかり御馴染みのティファニーについて、簡単に紹介していくことにします。

ティファニーの誕生
まずはティファニーの歴史を簡単に振り返ってみましょう。先にティファニーの誕生は1837年9月18日に遡ると書きましたが、この日にチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・B・ヤングの二人が、ティファニーの前身である『ティファニー・アンド・ヤング』という会社を設立しています。 これが後に現在のティファニーに繋がるのです。

ニューヨークのブロードウェイから発信

ティファニー

ちなみに歴史的とも言えるティファニーの一番初めの店は、ニューヨークのブロードウェイ259番地に置かれました。もっともこのティファニーの一号店は、当時一般的な時価ではなく、また「各商品に値札をつけて値引き交渉には応じない。」という姿勢で商売を行なっていました。

これは現在では先進国では当たり前のやり方ですが、当時としては非常に革命的なポリシーを貫いていました。当時のティファニーは、文房具や装飾品等を扱っていました。

1848年にフランスで勃発した二月革命に伴い、当時のティファニーは貴族から重要な宝石を買い入れました。そうして宝石事業にも進出した。その結果この新しく始めた宝石事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのです。
いわば有事の際の対応に大成功し、その結果現在のティファニーの繁栄の基礎が築かれたのです。

大きな柱となる銀製品製造

1851年にはニューヨークの銀細工師であったジョン・C・ムーアの事業を買収して、銀製品製造も開始しました。当時アメリカ企業としては、初めてスターリングシルバー基準を適用したことでも知られています。言うまでも無く現在のティファニーにおいては、この銀製品も事業の大きな柱の一つとなっており、現在のティファニーの基礎がこのときに築かれたということがわかります。

1853年になって、創始者の一人であったチャールズ・ルイス・ティファニーが会社の全権を握って、社名を今の、Tiffany & Co.に改称しました。そしてティファニー本店の入り口には、ギリシャ神話の巨人・アトラスの支える大時計が設置されました。
また「ティファニーブルー」と呼ばれるカンパニーカラーをここで初めて使用することになります。
さらに歴史を見るなら→「ティファニーの歴史とその魅力にさらに迫る」へ

チェック!
ティファニーは宝石業にも進出しています。ティファニーの本店に行くと、128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」が展示されています。
皆さんもティファニーの本店に行く機会があったら、是非この「ティファニー・ダイヤモンド」を見てみてください。その輝きと圧倒的な存在感が、きっと皆さんの目を釘付けにするでしょう。

注目サイト

柴犬の子犬を探す
信州伊那自動車教習所で免許取得

最終更新日:2017/7/21