就活ファッションで採用を勝ち取れ!

ファッションは就職活動にも有利!この不況の時代、就職難だからこそ、就活ファッションが重要なのです。人の印象は出会って10秒で決まるといわれるほど、見た目は重要な就活ポイントとなります。
ファッションと言ってもここでは少し観点を変えて、面接官に良いイメージを与えるための就活ファッションを考えてみたいと思います。参考にして頂いて、就職難を乗り切りましょう!

就活ファッションのポイント

就活ファッションが活かされる場所は、何と言っても面接を行うときです。面接官がチェックするのは、部屋に入って初めてみるその人の格好。この印象が悪いだけで、話にも影響するといっても過言ではありません。
では、就活ファッションを男性と女性と分けてお話したいと思います。

スーツで決める!男性の就活活ファッション

就職活動で必要になるスーツ。Yシャツやネクタイ、革靴や鞄を含めて就活ファッションになります。これ以外のファッションはありませんが、スーツの中でも気をつけたいことを挙げていきましょう。

一着よりも二着、三着
まず、スーツは一着だけでなくいくつも持っている方が好ましいと言えます。二次面接や三次面接など、就職活動は日をまたいで行うことも少なくありません。そのため一丁羅では相手への印象も薄いし、服装に気をつけていないのかと思われます。

面接時にしか会わないから、気にしなくても良いのでは?それが大きな落とし穴。もしかしたら面接官が筆記試験のときにプリントを配っているかもしれません。そのときにすでに採用対象かどうかのチェックは行われているのです。いつでも見られていることを意識してスーツを選びましょう。
ネクタイ選び
ネクタイは紺色の多い就活ファッションの中で、一番目立つポイントです。
落ち着いたイメージを与えるなら寒色系のブルー、また元気・明るいイメージなら暖色系のイエローやレッド系が良いでしょう。レッド系のネクタイは顔を明るく見せる効果があるので有効です。
靴下にも意識を!
人と言うのは見えていない部分に関しては疎かになる傾向があります。しかし、面接官はその部分を見る可能性が高いのです。

全身をビッシリ決めたスーツを着ていても、ふとしたことから見えた靴下がボロボロだったり、穴が空いていたりしたらイメージダウン。またコーディネートにも気をつけて、全身のカラーにあわせた靴下をなどちょっとした工夫も必要になります。

女性の就活ファッションの決め手

女性の場合、スーツといえど男性と比べてアピールできるファッションポイントが多いと思います。
それでは、女性で気をつけたいポイントを見ていきましょう。

女性の就活ファッション
ナチュラルメイクを心掛けよう
女性の場合は化粧をしますので、ナチュラルメイクが良いイメージを与えます。派手すぎず、それでいて清潔なイメージを与えることができるので、就活ではナチュラルメイクが基本です。そこにプラスアルファで暖色系でメイクを仕上ると顔が明るく見え効果的でしょう。
間違ってもギャルのような奇抜なメイクで面接に挑まないようにしましょうね。
靴を選ぶ
女性の場合、靴を選ぶことができるのも大きいですね。男性の場合はほぼ革靴なので、カラーコーディネートでした選ぶことができません。
しかし、女性は靴とハイヒール両方チョイスすることができるので、会社の業種にあるイメージで挑むことができます。会社の受付であれば見た目を意識したハイヒールや、動き回ることが多いのであれば短いヒールや靴などであわせることが可能です。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2015/2/18