ファッションモデルの実態

皆さんはファッションモデルをよくご存知かと思います。私達の周りには意外と多くのファッションモデルがいるものです。それは決して私達がファッションモデルと聞いてすぐに連想するような、ファッションショーに出演するファッションモデルや、或いはファッション雑誌やファッションのカタログに登場するファッションモデルだけではありません。

例えば髪や手、指、それに背中だけを専門にテレビや雑誌用に撮影している、所謂パーツモデルと呼ばれる人達もいます。こうして見ると、ファッションモデルにも実にいろいろな人、タイプがあることがわかります。

ファッションモデルの雇用形態

ところで、ファッションモデルの雇用形態は一体どうなっているのでしょうか。皆さんはファッションモデルの雇用形態について、御存知でしょうか。ファッションモデルが所謂一般企業の会社員のような雇用形態ではない、ということは皆さんもよくご存知かと思います。ファッションモデルの雇用形態は、しいて言えば現在たくさんある派遣会社のような形態と考えてもいいでしょう。雇用形態を挙げてみると…

  • モデルクラブ
  • モデル事務所
  • マネージメント会社

>>ファッションの重要なポイントの一つ【レディースバッグ】

となります。多くのファッションモデルがモデルクラブ、或いはモデル事務所へ所属しています。
それかマネージメント会社に所属しています。
それでは一般にファッションモデルの仕事はどうなっているのでしょうか。

彼女(彼)らの仕事の形態は、概ねまずはクライアント、顧客がそういったモデルクラブ、モデル事務所、或いはマネージメント会社にファッションモデルの供給を求めます。
そしてそうした依頼を受けたクラブ、事務所側が適当なファッションモデルをクライアントに派遣する、といった形を取っていることが殆どです。

専属モデル

よく雑誌の専属モデルと言う言葉を耳にします。皆さんもその言葉を御存知かと思います。もっともそれではまるでファッションモデルがあるファッション雑誌、或いはある出版社のためだけに専属でモデルを務めているような印象を受けます。

ですがここには少しだけ誤解が有ります。もっとも現在のファッションモデルの中には、事実上どこかのファッション雑誌、出版社のためだけのファッションモデルを務めているようなイメージで、それで人気を高めている人もいます。(ファッションモデルは種類が多いため「ファッションモデルの種類」にまとめました。

皆さんも御存知のように、何処かの有名なファッション雑誌の専属ファッションモデルと言えば、それだけでそのファッションモデルのステータスを高め、同時に人気をさらに高めているような印象を与えています。
ですが実際のケースでは、ファッションモデル個人が直接、デザイナー、或いは出版社と契約を交わしていると言ったケースは意外にも殆ど無いようです。

ファッションモデルが個人で契約をしているのではなく、ほぼ全てのケースにおいてファッションモデルは、ファッション雑誌や出版社と、マネージメント会社を介しての契約となっています。
これも現在多い人材派遣会社のスタイルとよく似ています。

流行のファッション

皆さんも大体ご想像がつくでしょうが、ファッション業界は流行の変化がとても早い業界です。昨年流行したファッションが、一年経ってみると全く流行おくれとなっていた、ということだって珍しく有りません。今期の注目は猫柄ファッションです。
一年どころか、数ヶ月単位で流行は目まぐるしく変化します。 そのため、ファッションモデルの寿命は5年から、長くても10年程度だと言われています。

皆さんにもお分かりの通り、ファッションモデルのファッションモデルとしての寿命は非常に短いのです。ファッションモデルの第一線から引退した後は、その後は女優やタレント、デザイナーなどへの転身をはかるファッションモデルも多くいます。
皆さんも考えてみれば、例えば芸能界等にファッションモデル出身の芸能人が数多くいることが思い浮かぶでしょう。

2014/12/24 更新