子供服のブランドの年代別特徴

近年では不況が長引いており、衣食住のすべてにおいて節約ブームが広がっています。
しかし一方で、少子化で手をかける子供の人数が少なくなった分、子どもには不自由な思いをさせたくないと考えている親も多く、子供服に関しても、ブランド品やインポート物の子供服を購入する家庭は少なくありません。
特に子供服は出産祝いや誕生祝など、子供へのプレゼントとして購入することもありますので、高級な子供服でも売れています。

子供服のブランドとはいえ、大人顔負けの種類があり、海外の上質な生地を使って丁寧に仕立てられたものもあれば、動きやすく、汚れても気にならない価格が魅力の機能的な子供服もあります。
肌が弱い新生児の内は、縫い代が肌に当たらないように、縫い代を包んで仕立ててあったり、縫い代を表に出しているなどの工夫がされており、生地も肌あたりの良い天然素材が多いです。
この時期の子供服は特に値段よりも品質が重視される傾向があり、オーガニックコットンのガーゼなど、こだわりの素材で仕立てているブランドも少なくありません。
母乳やミルクばかりなのでそれほど汚れることもありませんし、退院時やお宮参り、親族などへのお披露目などでおしゃれをする機会もあるため、ベビードレスを購入する家庭も多いです。

活発なころの子供服選び

ある程度大きくなってきたら、子供は動きが活発になりますし、色々なものに興味を示します。
食事のバリエーションが増えて自分でも手を出すため、頻繁に汚します。
この時期の子供服は、子供の成長を妨げない動きやすいものや、度重なる洗濯に耐える丈夫な生地であること、体温が高いので通気性が良いものなどが多いです。
また、シンプルで手の込んだ流行廃りのあまりないデザインが多いのも特徴です。

小学生になるとブランドに興味を持ち始める

小学校に上がる前頃になると、子供自身がおしゃれに興味を持つようになり、好きな子供服のブランドができてきます。
それぞれのブランドのコンセプトがはっきりしてきて、個性的な子供服が見られるようになります。
自分でできることが増え、体型も手足が伸びて大人びてきますので、子供服の色柄だけでなく、デザインも種類豊富になっています。

動きやすいながらも機能的なものが多く、体にフィットするスタイルが増えてきます。
肌が丈夫になってきますので化繊の素材も多いですが、乾燥する時期や汗をかきやすい時期の素材選びに気をつけましょう。
この時期になると子供の成長もある程度落ち着きますので、大きめではなくぴったりの服装で動きやすくしてあげましょう。

recommend

下鴨神社などでの挙式・結婚式に必要なセットが198,000円
http://www.kyotojinjakon.jp/

最終更新日:2015/8/12